ドライビット「アウサレーション®」世界標準の外断熱工法
サンクビット 世界標準の外断熱工法


HOME > 外断熱とは > 原理

外断熱はコンクリートが外気温に左右されず、結露も抑制されます。

外断熱は断熱材を構造体であるコンクリートの外側、つまり室外側に設置、建物全体を断熱材ですっぽり包み込みコンクリートを蓄熱体として活用する工法です。外気温の変化によるコンクリートへの影響が少なく、建物の長寿命化、冷暖房負荷を小さくするなどのほか、結露の抑制など様々な長所を備えています。

夏季の外断熱冬季の外断熱

内断熱は外気温の影響を大きく受け、結露が発生しやすい工法です。

断熱材を構造体であるコンクリートの内側、つまり室内側に設置した工法で、今まで日本の多くの建築で採用されてきた手法です。この工法は、コンクリートの温度が外気温に合わせて上下するため、それに伴って室内の気温も影響を受けがちです。ウレタンなどの断熱材は水蒸気を透過させる材料なので冬季には室内の水蒸気が冷たいコンクリートに触れて結露を起こします。

夏季と冬季の外断熱