ドライビット「アウサレーション®」世界標準の外断熱工法
サンクビット 世界標準の外断熱工法


HOME > 外断熱とは > 効果

カビ・ダニの温床となる結露防止

●結露の抑制は健康に暮す室内環境を実現する第一歩です。
●外断熱では躯体を室内に近い温度に保つため、北側に面した室内の内部結露を抑制します。

結露の原因と健康被害

室内では、お風呂、台所での調理、洗濯物の室内干しなど水蒸気を発生する原因がいろいろあります。空気は温度が高いほど多くの水蒸気を含むことができる性質を持っていて、多く含んだ状態で空気の温度が下がると水蒸気を含みきれずに冷たい壁などで結露します。この原理で、冬季に冷たい外気で冷やされたコンクリート壁面などに、室内の空気から水蒸気が溢れて結露します。

一旦発生した結露は温度が低いと気化できずに残ったまま、さらに結露が継続して壁体内に蓄積されます。
結露による高湿度な状態は、カビやダニの発生の温床となります。結露水にカビが発生し、それを餌とするダニが繁殖します。これらのダニやダニの死骸や糞、カビの胞子などが、喘息やアトピーなどのアレルギーの原因となり問題視されています。

外断熱で結露を防ぐ

外断熱の設計右図は外断熱と内断熱の壁面内の温度分布(赤 )と露点分布( 青)の変化のグラフです。壁面温度が露点温度を下回るとその場所で結露が起こる可能性が大きくなります。内断熱ではコンクリート壁面が外気により冷やされ露点温度より低い部分が発生しその部分で結露を起こします。

このコンクリートと断熱材の間で起こる目に見えない結露は壁体内結露と呼ばれ、壁紙の裏面にカビが現れたときには既に深刻な被害が発生していることが考えられます。外断熱ではコンクリートの蓄熱効果によりコンクリートの温度が室温近くに保たれます。室内の水蒸気が暖かいコンクリートに触れても結露することが無く、カビやダニの発生する要因を大幅に減らすことが可能となるのです。

冷暖房コストの削減

●冷暖房に費やす電気量の削減は社会全体の課題です。外断熱はエネルギー消費削減=C02 排出量削減を実現します。
●熱容量の高いコンクリートが断熱材より室内側にあるため急激な室温変化が無く、快適に暮らせる室内環境が可能となります。

熱損失と室温

外断熱により断熱材で覆ったコンクリート躯体が暖まっているので、暖房を止めても室温が下がりにくくなります。夏季は昼間の日射熱からコンクリートが断熱されているのでコンクリートが熱くなりにくくなります。蓄熱するコンクリートの性質でエネルギーを無駄なく使うことが可能となります。

外断熱の様子(開口部のガラスを二重ガラスにしたり、厚手のカーテンをつけたり、庭木やベランダの日射遮蔽などを組み合わせると更に効果的です。)

外断熱改修時の実測データ

アウサレーションでの改修事例の実測データです。
下記データは外断熱による改修をした部屋と未改修の部屋での室温変化のグラフです。

8月〜9月は内断熱住戸は28〜30℃前後で推移しているのに対し、外断熱住戸は24℃前後と涼しい。
10月は外気温が1ヶ月で10℃近く下がっていくのに追従して内断熱住戸も10℃室温が下がっていきます。外断熱住戸は気温 の下がりは3℃ぐらいで、このときに内断熱住戸と外断熱住戸で室温が逆転します。
12月から1月にかけては外断熱住戸は15℃から24℃で、10月半ばから20℃を中心とした気温を維持しています。内断熱は13℃あたりか中心となり夜間の気温の低下も激しくなっています。

外断熱の効果